旧盆ウンケー

旧盆、旧歴7月13日から15日にかけて盛大に行われる祖霊まつりを旧盆(ヒチグァチ)とよんでいる。

一般には、13日の夕方、家の前で火を焚いて先祖の霊を迎える。これをウンケーと呼ぶが、平安座では、七夕で「13日には迎えにきますからマチカンティーしないように」と案内予告をしてあるため、夜が明けると同時、午前6時には墓地にウンケーに向かう。

墓前で線香を焚いて「今日から盆ですから家に来て下さい」と祖霊を家に案内する。

13日から15日までの3日間は祖霊と一緒にすごすため朗らかにするよう心掛ける。

この3日間は、お茶湯、3度の食事を供える。 仏壇のお供え物は、サトウキビ(杖、担ぎ棒に使用)、サトウキビ束1対(30㎝程度に切ったものを束ねる)、アダンの実2個、ミソギ箒、ガンシナ,、餅、ミカン、スーシキ魚、又、あの世で成仏できない無縁の亡者への施餓鬼としてミンヌク(米、サトウキビ等の切屑)を片隅に供える。 また、兄弟、親戚等から寄せられるお中元の品々も仏前横に3日間置く。

(文:下條義明)