大晦日(トゥシヌユルー)

大晦日と書くより「年の夜」と書いた方が判りやすい、12月31日の晩のことを言う。 トゥシヌユルーと称し、新しい年を迎える準備をする。赤飯と豚の肉や骨、昆布、大根、などで料理をつくり、旧年中の無事を語り過ごす。夜遅くまで起きるのが常で、早く寝ると早く歳をとると 言われた。今日のように年越しソバの風習はなかった。

(文:下條義明)