敬老会

敬老の日とは

国民の祝日の一つで、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日を敬老の日と定めている。 そして、長い間、社会の為につくしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活向上を図ろうと云う気持ちが込められている。 この敬老の日は、地域の高齢者をいたわり励ます行事や、高齢者に対し周囲の人たちの「敬老」に感謝する行事が全国的行われ、家庭でも父母、祖父母の長寿をお祝いをするようになった。

敬老の日は

敬老の日は元々、9月15日だったが、2001年の祝日法改正、いわゆるハッピィーマンデー制度の適用によって、2003年からは、9月第3月曜日となった。

敬老の日の由来

現在の敬老の日の由来は、1947年、兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされている。当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と云う主旨のもと、1947年から農閑期にあたり気候もよい9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになった。 これが1950年からは兵庫県全体で行うようになり、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになった。 しかし「としより」と云う呼び方はどうにかならないかと云うことで各地から異議が起こり「老人の日」にいったん改名された。 やがて「国民の祝日法」が改正され、1966年「建国記念日」「体育の日」と共に国民の祝日に制定された際に、現在の「敬老の日」と名称が改められた。 なお、起源としての諸説には、聖徳太子が現在の大阪市に悲田院という身寄りのない老人や病人、貧しい人たちを救う施設を開いた日にちなんで制定された説や、もしくは元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、または高齢者に贈り物をした日であると云う説などがある。

(文:下條義明)