6月ウマチー

十五日に催されるウマチーは、これまでのウマチーの麦、粟の代わりに稲穂を用いる。他は3月ウマチーと同様である。

(平安座自治会館新築記念誌より)